読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十人十色、ポケモンもいろいろ

日常生活やくだらないことをだらだらと

福祉業界で働くことについて。

みなさん、こんにちは。

 

突然だけど、今の日本がどういう状態か知ってますか?

 

少子高齢化

 

ってよく聞くよね。

 

女性の社会進出が進んで、子供を生む女性が少なくなり、結婚する女性も少なくなっている。

しかし、それはここ数年の話であり、それまでは子供が生まれていたわけね。

 

特に戦争前後くらいの話。

 

当時、生まれてきた人達は現在70歳を超えて自分1人じゃ生活できない人が多いわけよ。

 

高齢化社会って言われるのは全人口の65歳以上が7%以上になった時。

14%で高齢社会

21%で超高齢社会

 

2週間くらい前かな。ニュースで65歳以上の占める割合が27.4%になったって言ってたの。

 

間も無く28%になったら、新しい言葉が生まれてくるんじゃないかな。

 

福祉業界と言っても、いろいろあるよね。

老人ホーム、デイサービス、保育園、障害者施設.....

 

今回は、高齢者と障害者を扱う施設について自分の考えを書きたいと思う。

 

3Kって聞いたことありますか?

汚い、危険、きつい、ましてや給料が安い。

 

そんなところで働く人達は底辺だと考えてます。失礼かもしれませんが。

実際、なんでここで働いてるの?って聞いても、前の会社でリストラにあった、肉体労働に疲れたなどなど。

よくみんな半袖で働けるよね。体液とか付いたら病気とか怖いじゃん。夏でも長袖を着て働いていた職員が言っていました。

 

だって、これだけを聞いたらそんなところで働きたいと思いますか?

 

自分もそう思う1人です。

 

自分の力じゃ日常生活を送れない、家族も世話を出来ないから施設に入れるのです。

 

道で障害者に出逢ったら関わりたいですか?

電車の中で騒いでる知的障害者がいたら関わりたいですか?

 

特に学生、電車乗りますよね。

混雑して並んでいて、降りる人達を待ってから乗る。並びも降りる人も関係なしに我先にと人混みに突っ込んで座席に座る高齢者を見たことありませんか?

 

自分は殺意を覚えたことがあります。

高齢者が電車で寝ていて、おそらく降りるべき駅の扉が開き、閉まる数秒前に目覚めました。

普通に歩けばまだ余裕で降りれるタイミングです。

この人は立ち上がり扉の前で扉が閉まるのを待つように止まりました。

 

何をしたと思います?

 

持っていた杖を閉まっていく扉に故意に挟み込んで、乗務員に扉をもう一度開けさせてゆっくりと降りて行きました。

 

高齢者のほとんどはそんな人達です。

 

考えてみてください。

 

家族にすらも見放された人達

 

それらの世話をしてお金を貰うのが福祉業界。

 

そんな人達を食い物にしてるのも事実。

 

やりがい?自分が実際に実習に行って感じたのは、自分はこうでなくてよかったなぁ

 

同じ人間なんだろうけど、人間ではない。

 

よかったぁ、障害者じゃなくて

歩けてよかった

話が出来てよかった

1人でお風呂に入れてよかった

1人でご飯食べれてよかった

 

そんなことすら感じます。

 

うちの曽祖母は認知症が進み、老人ホームに入所しています。たまに施設に行くのは祖母の長女です。自分の長女の顔も名前も覚えてません。だから祖母は嫌になり、施設に顔を出しに行くのをやめました。

 

父親方の祖父が数年前に死にました。

ずっと病院で寝たきりの状態でした。

そうなった時、父親がよく言ってました。

 

金ばっかかかってしょうがない。

早く死んでくれればいいのに、こうなってしまうと長生きする。

 

 

夏休み前に、国家試験の申し込みの説明がありました。

 

受けませんって答えました。

そもそも、最終学歴が大卒になりたかっただけなので

福祉業界になんて就職する気ないし、他に内定貰ってたから。

 

夏休み中に考えなんて変わるから

 

そう言われました。

 

しかし、考えが変わるどころか、よりいっそう受ける気がなくなりました。

 

今年の夏、何があったか覚えてますか?

 

毎年、日本テレビ系列が放映する24時間テレビ

 

これは知らない人いないよね。

黄色いTシャツ着てチャリティーをやりながら、障害者の頑張ってる姿を放映する番組。

 

うちの家族はみんな見ません。

面白くないから。

でも、私は見始まると結構な時間見続けます。

 

だって、興味深いでしょ?

普段、接することのない、接したくない

「別の生き物」

が何も気にせず自分に害がなく見学出来るんだもの。

 

ダウン症、腕がない、足がない、知的障害者.....

 

そして、2016年7月26日

 

相模原障害者施設殺傷事件

 

知ってますか?

 

職員数名合わせて障害者を19名殺害した事件です。

 

衝撃を受けましたね。自分の思ってたことを行動に移せる人がいたと。

 

それと、池田小学校っていう大阪にある小学校をご存知ですか?

 

2001年に知的障害者が昼間の小学校に進入し、児童含め8人殺害した事件です。

 

この事件で少し法律が変わったみたいです。

 

簡単に言うと、障害者だから仕方がない。

 

ふざけてませんか?

障害者なら何しても許されるのですか?

 

こいつらに被害を受けた遺族はどうしたらいいのですか?

海や山などで動物から被害を受けた場合、その動物は罪に問われますか?余程の被害であれば、射殺、それしかないですね。

 

つまり、障害者というのは人間ではなく、人間のかたちをした「動物」として見なされてるのではないのか。

 

他にもテレビで、高齢者の車の運転についての特集が放映されることがあります。

 

指導を受けたのは何回目ですか?

3回目です。

いや、4回目だろww

 

老夫婦が笑いながらインタビューを受けています。

 

皆さんは、世に存在している高齢者や障害者についてどう考えますか?

 

こんな風に思うなんてどうかしてる。って考える人が多いかもしれません。

 

じゃあ、実際に自分の家族や子供、パートナーが障害者に殺害されたり、高齢者に車で轢かれたりしたら、仕方ないって言えますか?

 

全員がそうだとは私も思いませんが、不良品の相手をするお仕事なんてしたくないのです。

 

需要があるから仕事になっている、だから働きたい人は強い意志と志を持って働いて欲しいと思います。

 

 

こんな考えの人も世の中には存在するって思う程度で今日の記事は流して下さい。